MVCのViewにどこまで書くか

『Railsによるアジャイル〜』とかのコードはViewの部分がスゲーシンプルで、ロジックがほとんど書いてない。これに慣れると、CakePHPに戻って自分が作ってるウェブアプリを見たときに、Viewに結構ロジックが書いてあって愕然とする。例えばフラグをたてて条件にマッチすれば日付を表示し、マッチしなければ表示しないとかしたいとするじゃないですか。Controllerでそういう設定できなくないけど長くなる。Viewの中に書いてしまったら数行で済むし。

だから僕の作ってるCakePHPアプリはMVCとか名ばかりでViewのコード超きたない。入れ子になったif文がたくさんあるし、正規表現で日付の書式変更とかまでやってる。さすがに関数とかは定義してないですけどね。

そもそもCake FoundationのCakeBookも結構Viewにロジックが書いてあったりする。というかかなりハードに書いてある。CakePHPってViewとロジックを分離させるのが難しいのかな。

加えて、Controllerも結構ひどいことになってる。本当はModelに書くべきことを結構Controllerに書いている気がしないではない。サイト検索のためのメソッドとか200行近くあるし、joinとかしまくり。

MVCでロジックとヴューを分離することでデザイナーがViewを触れるようになって分業が進むかもとか思ってたけど、到底そんな状況にないですね。

Related Posts

blog comments powered by Disqus