Ubuntu ServerにSSH接続しようとして "Permission denied (publickey)." が出る

NECの安サーバーを買ってサーバーを作ってるんですけど、SSHでエラーが出て困ってます。OSはUbuntu Server 10.04.1 LTS。

まずSSHのおさらいを。クライアント側で

$ mkdir -p .ssh
$ ssh-keygen -t rsa (以下略)

したのち、サーバー側の /etc/ssh/sshd_configPasswordAuthenticationon にし、パスワードでSSH接続できるようにして

$ scp id_rsa.pub username@hoge.com:.ssh/authorized_keys

するか、あるいはUSBフラッシュメモリで鍵をサーバーに移す。その後サーバー側で .ssh/.ssh/authorized_keys のパーミッションをそれぞれ700と600に変えてあげるわけですよね。

いっぺんクライアント側で id_rsa.pub を作ってたらそれ以降は単純にこれを接続先のサーバーにコピーしてあげればおk。ここまで合ってますかね?

前から使ってる職場内だけで使うサーバーにも同じUbuntu Serverを入れてるんですけど、こっちでは全くトラブルがない。それなのに新しいサーバーでは

Permission denied (publickey).

というエラーが頻繁にお出になるのですよ。

しかしこのエラー、常に出る訳じゃないんですね。サーバーを直接操作して

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

してあげると消える訳ですね。そんでしばらくクライアントからSSHで接続したり切断したりを繰り返していると、あるとき突然、

Permission denied (publickey).

となるわけです。まじでストレスフル。つか、このサーバーは公開用に使うものなので、こんな感じでSSHが不安定だとかまじで困るんですけど。

前述の PasswordAuthenticationon にしとけば、公開鍵認証に失敗した後もパスワードで認証することができるんですが、パスワード認証はなんだか怖いので使いたくないのですよね。どいうしたものか。

ググったらSSHのプロトコルを1と2併用にしたら解決するという情報が出てきたのですけど、これやったら “Disabling protocol version 1. Could not load host key” というエラー?が出てしまったので多分僕の環境では意味なし。「RSAキーやめてDSAにしたらエラーでなくなった」(ぷらぷらブログ | OpenSSH を導入。接続に四苦八苦!)という情報もあるけど面倒くさいのでまだ試していません。

Related Posts

blog comments powered by Disqus