TDD Boot Campの感想2 — ペアプログラミングで気づいたこと

Vimmabilityのなさ

TDD Boot Camp福岡で生まれて初めてペアプログラミングを経験した。自分のVimmabilityが思いの外低く焦った。書くの超とろいし、Rubyも全然分かってないしペア組んでもらった人に迷惑かけまくりな感じ。会社では誰もVimとか使ってなくてみんなEclipseとか秀丸使ってるし、周りにVimmerがいないので自分がどんなにしょぼいVim使いなのか気づいてなかった。

とりあえず今回、ペアを組んだ @mallowlabs さんに cw とか <数字>y とかを教えてもらった。あと

Vimでバックスペース使ったら負けだから

と言われてしまったのでバックスペースと矢印キーをなるべく使わずにプログラム書きたいと思います。でもTextMateとかCodaとか便利だからついつい使ってしまうんよね…。

プログラムが全然書けない

思ってたよりもプログラムができないことに気がついた。お題を与えられて、制限時間があるなかでコードを書いていかなければならない。しかもペアプログラミングなので一人でちんたら時間をかけて書くわけにもいかない。そしてやっぱ人に見られてると緊張する。Rubyの基本的なメソッドとかが分かってなくて教えてもらいながら書いてたけど、わからないと緊張してしまって頭が真っ白になって何も書けなくなる。いつもリファレンス本を片手にコードを書き捨てていたので、よくないなぁと思った。

というか、そもそも自分は仕事であまりコードを書いてないのだ。TDD Boot Campに来てる人たちはみんな公私ともにばりばりコードを書いててとても楽しそうだった。なんだかとても羨ましかった。

いろいろ考えないとなー、と思わせられた勉強会だった。

Related Posts

blog comments powered by Disqus