Jekyll のデプロイ手順を改めた

だいぶ前の記事では Jekyll は Git の hook を使って公開してると書いてた。

Gitのhookを使ってDreamhost上のJekyllに記事を公開 | tech.portalshit.net

しかし記事の本数が増えてくると、 jekyll コマンドで生成した静的なファイルも Git でトラックするのがだるいと感じるようになった。ので Rakefile に以下のような task を追加して、公開先のサーバーに rsync でファイルを転送するように変更した。

desc "Publish"
task :publish do
  path = File.expand_path("_site")
  if system("rsync -avz --delete #{path}/ portalshit:sites/tech.portalshit.net/_site/")
    puts "Your blog was successfully published!"
  else
    puts "Something went wrong..."
  end
end

だいぶデプロイが手軽になった。

Related Posts

blog comments powered by Disqus