Clean Ruby を読んでいる

CleanRuby を途中まで読んだ。一年半前に DCI 流行って、その後会社(東京の方)でも流行ってたので、「乗るしかない、このビッグウェーブに」と思って買うだけ買って積ん読してた。正月くらいから本気出して読み始めた。まだ全部読み終わってないんだけど、 Day One にメモ走り書きしてあって良い話っぽいのが書いてあったのでメモする。

2014/01/23

Clean Ruby 読んでる。まだ最初の方だけど何となく DCI についてつかめてきた。 DCI 、つまるところ RSpec みたいな BDD の考え方を製品コードにも持ってきたものだと思う。「テストコードだけ実際にプログラムが利用されるときの文脈( context )とか反映してるのもったいなくね? これプロダクトコードにも反映させるべきでは?」みたいなノリだと思う。


2014/01/26

Clean Ruby、3章くらいまで来た。 DCI の考え方だいたい分かった。Methodless Roles とはつまり良い名前を付けるところ、というところにぐっと来た。Clean Code からの引用で、「良い命名をすることがコードを良くしないことはない」というのが良かった。

モデルにいろいろ書くな、という話も良かった。 Being と Doing を分けるというやつ。モデルは変更しない情報(データ)だけを保存する場所にして、データを変更したりする処理は別の場所に書くという考え方。

サインアップについて。ユーザーがサインアップするとき、ユーザー自身がサインアップすることもあれば管理者がユーザーの代わりにサインアップすることもある。同じ種類のデータを作ろうとしてるんだけど、システムの挙動は異なる。管理者がユーザーの代わりにサインアップするときには、管理者にメールで通知する必要はない、など。モデルにデータの変更処理まで書くと、別の文脈からデータ操作しようとするときに苦しい感じになる。

頑張って最後まで読みたい。

Comments

Jekyll のデプロイ手順を改めた

だいぶ前の記事では Jekyll は Git の hook を使って公開してると書いてた。

Gitのhookを使ってDreamhost上のJekyllに記事を公開 | tech.portalshit.net

しかし記事の本数が増えてくると、 jekyll コマンドで生成した静的なファイルも Git でトラックするのがだるいと感じるようになった。ので Rakefile に以下のような task を追加して、公開先のサーバーに rsync でファイルを転送するように変更した。

desc "Publish"
task :publish do
  path = File.expand_path("_site")
  if system("rsync -avz --delete #{path}/ portalshit:sites/tech.portalshit.net/_site/")
    puts "Your blog was successfully published!"
  else
    puts "Something went wrong..."
  end
end

だいぶデプロイが手軽になった。

Comments

死んでた

社畜なのでVドメインからMドメインにドメインの管理業者を変更した。そしたらDNSの設定やらなんやらを忘れていて、tech.portalshit.net が死んでた。最近は技術っぽい内容も www.portalshit.net に書いてるしここの存在意義が微妙になってきた。Jekyll、便利ではあるんだけど、rbenv で Ruby のバージョン上げるごとに gem install jekyll gsl とかやるのが若干めんどくさく感じられるようになってきてしまった。ただ記事を書くためだけにそこまでやりたくないかも。

Comments

The easiest way to search GitHub Wiki

I know why you came here. BECAUSE IT’S HARD TO FIND CONTENT IN GITHUB WIKI!!!

Here is a solution.

My colleague Tomohisa created a nice userscript. It provides you an ability to search GitHub Wiki in pretty easy way.

Install the script from his GitHub repository. It’s compatible with Firefox (with Greasemonkey, of course), Google Chrome and Safari (with Nijakit).

github-wiki-search/github-wiki-search.user.js at master · linyows/github-wiki-search · GitHub

Then you will find search box on right above “Page History” button.

1.png (640×457)

2.png (640×457)

Now search all the wiki content with github-wiki-search.user.js!

Comments

iTerm で Ctrl + Shift + J でかな入力変換する方法

Mac の iTerm 2 皆さん使ってますか。コンソール中に現れた文字列をハイライト通知できたりしていろいろ便利らしいですね。でも僕は使っていませんでした。なぜか。

Ctrl + Shift + J によるかな入力変換ができないから。

これが非常にだるかった。宗教上の理由や国外在住でJISキーボードが手に入らないなどの理由のためやむなく英語キーボードを使っている方、おられると思います。そういう人はだいたい Ctrl + Shift + J で英数 -> かなの入力変換を行っていると思いますが(Command + Space の切り換えもできなくはないけどだるいですよね…)、iTerm 上では Ctrl + Shift + J で改行が行われてしまうため、このような操作が行えていませんでした。かなから英数入力に切り替える Ctrl + Shift + * も同様、むなしく ' などが表示されるだけ。標準の Terminal.app ではできるのになんでやねん。

iTermでの日本語入力 - 初学者の箸置 なんかを参考に Send Hex Codes 0x4a するようにしてみたりしたのだけどうまくいかなかった。

しかし先ほど仕事をさぼって iTerm の設定項目を確認していたら以下の設定で使えるようになったのでここに書き記しておきます。

iTerm で Ctrl + Shift + J でかな入力変換する方法

↑のように、iTerm の Preferences -> Profile -> Keys で Ctrl + Shift + JCtrl + Shift + * の項目を追加し、メニューから “Do Not Remap Modifiers” を選ぶだけでオッケー。かな英数の切り換えが快適に行えるようになる。困っている方お試し下さい。

Comments